青木宣親選手がジャンクsportsで怒り気味に、広島の鈴木誠也選手と田中広輔選手にどうしても言いたいことがあると。2人からしてみれば青木選手は偉大なる存在なはず。そんな大先輩がせっかく何度も食事に誘っているのに、2人はなぜか断り続けているのだとか。その理由とは…

青木宣親と鈴木誠也・田中広輔・菊池涼介との関係

元々はチームも違うし年の差も結構あるのでほとんど接点がなかったそうですが、WBCで侍ジャパンに選出された時から、青木選手と広島の鈴木誠也・田中広輔・菊池涼介の3選手はちょくちょく連絡を取り合う関係になったそうです。

カープ3選手に対して青木選手が激怒

2017年までは青木選手がメジャーでプレーしていたため実際に会うことは難しかったけど、2018年に青木選手が日本球界に復帰してからは、口約束で終わらせることなく、先輩の青木選手のほうから気を遣って本当に食事に誘うようになったとのこと。続きは実際の会話の再現で。

青木「実際去年(2018年)に日本に帰ってきて、(遠征で)東京に来ることもあるわけじゃないですか。で、その度に(鈴木と田中が)『ご飯連れてってください』って言うんで、『いいよ、行こ行こ』って。で、連絡するんですけど、いまだに1回も行ってないんですよ…ホント、もう5〜6回言ってるんですけど、なんか、『今から治療があるんで…』とか『もう予定入ってしまいました』とか、だいたい同じパターンなんですけど、だいたい(言い訳を)コピペしてんじゃねぇかっていうほど…」

(スタジオ大爆笑)

青木「そう、だいたい(言い訳がいつも)一緒なんですよ。この2人はホントに…あと、菊池もそうですね。全然僕と(食事に)行ってくれなくて、なんか、僕がすごい行きたいみたいになってる感じに…」

(スタジオまたもや大爆笑)

鈴木誠也・田中広輔の苦しい言い訳

ダウンタウン浜ちゃん「(鈴木・田中両選手に対して)これ、どういうこと?」

田中「これには一つ理由がありまして、あのー、どうせ行くなら(鈴木・田中・菊池の)3人揃って行きたいなって…はい…そのWBCの時の話もしたいですし、いろんな話もしたいので。ただその3人揃うって時が…なかったっていう…」

浜ちゃん「いやいやいやいや(笑)」「鈴木はどうなの?行ったらええやん?」

鈴木「行きたいんですけど、僕も東京出身なので、東京に来たら地元の友達もたくさんいて…前々に(約束が)…」(青木選手が苦笑い)

浜ちゃん「青木に会ってる場合じゃないってことや(笑)そりゃ青木に会うより連れに会いたいよね」

鈴木「いや、そういうことじゃないんですけど…」

ココリコ遠藤「青木さんからいま誘ってみたらどうですか?今日この(収録の)後とか?」

青木「いや、もう断られてますもん」

浜ちゃん「えーっ、マジー??」(鈴木選手が苦笑い)

青木「今日は絶対これどう考えても身体のケアはない。(オフだから)ないですよね?なので絶対今日は行けるだろうと思って、まず誠也に連絡したんですよ。そしたら、『もう予定入ってます』って…3週間前くらいですよ、それ。そんな早い段階で予定って…」

浜ちゃん「絶対ウソやわ!」「青木かわいそー!!」

ココリコ遠藤「それやったら田中選手は…?」

浜ちゃん「どうなの、今日は?」

田中「今日ですか…?今日はちょっと家族のほうが…」

(スタジオ大爆笑)

ココリコ遠藤「行ってよ〜誰か〜。行ったってくれよ〜。頼むわ〜、行ったってくれや〜。」