埼玉西武ライオンズから東北楽天ゴールデンイーグルスへ超大型契約でFA移籍した浅村栄斗選手。これまでの年俸の推移をまとめてみました。あと、次のFA権の再取得はいつになるのかもちょっと気になったので、プロ野球の2回目以降のFA権取得に関するルールも調べておきました。

浅村栄斗の年俸推移

球団 推定年俸
2009年 西武 600万円
2010年 西武 600万円
2011年 西武 750万円
2012年 西武 2400万円
2013年 西武 3500万円
2014年 西武 8600万円
2015年 西武 7800万円
2016年 西武 1億円
2017年 西武 1億5500万円
2018年 西武 2億1000万円
2019年 楽天  5億円

2011年は初めて一軍のレギュラーに定着。137試合に出場して打率.268の成績を残したため、2012年の年俸が2400万円にアップ。ただし、この時はまだ守備に安定感がなかったためポジションは固定されず、ファースト、セカンド、サード、レフト、ライトと、内野も外野も守らされていました。守備の負担がこれだけあってこの成績は逆に立派です。

2013年は初めて打率3割を達成(.317:リーグ5位)したのと、なんといっても、当時の記録としては史上最年少タイの23歳で100打点(最終記録は110打点)を達成して打点王を獲得したため、2014年の年俸が8600万円に大幅アップ。ちなみに、浅村選手の生年月日は平成2年11月12日で、平成生まれとして初の打点王になりました。(史上最年少での100打点は、2018年に巨人の岡本和真選手が22歳で記録を更新)

2016年は打率.309(リーグ3位)、24本塁打(リーグ6位)、82打点(リーグ8位)の好成績に加えて、二塁手としては自身初のベストナインを獲得(自身初のベストナインは、2013年に一塁手として)したため、2017年の年俸は1億5500万円にアップ。

そして国内FA権を取得した2018年は全試合に出場して、打撃3部門全てにおいてキャリアハイ(打率.310、32本塁打、127打点)を達成して2度目の打点王を獲得。127打点は球団新記録で、西武の日本人選手としては初の「3割30本100打点」達成者にもなりました。

この抜群の成績を引っさげて国内FA権を行使した結果、楽天と4年総額20億円という大型契約。この勝負強さは大阪桐蔭高校時代から発揮していましたけど、プロに入ってさらに磨きがかかっていますね。さすがの一言。

浅村栄斗の次のFA権の再取得はいつ?

FA権を取得した選手が権利を行使すると「FA宣言選手」として公示されます。そして一旦FA宣言選手として公示された選手は、結果的に移籍したか元のチームに残留したかを問わず、FA権の再取得は4年後となります。よって、浅村選手の場合は2018年にFA宣言選手として公示されたので、次の再取得は2022年ですね。

ちなみに、再取得したFA権には国内・海外の区別はなく、全て海外移籍が可能なFA権になります。あと、FA権を取得しても権利行使をしなかった場合、つまり「FA宣言選手」として公示されなかった場合は、その権利は翌年以降に持ち越しとなり、いつでも権利行使ができる状態が持続することになります。

楽天よりも高い金額を提示したソフトバンク、地元・大阪のオリックス、そしてプロ野球選手として育ててもらった西武からの残留オファーを全て断って楽天を選んだ浅村選手。楽天への移籍が吉と出るか凶と出るか、4年後が楽しみです。

【関連記事】
1度目のFA権取得のルール
浅村栄斗 楽天FAで淡輪ゆきと結婚か 妻としての評判まとめ