イチロー選手の妻・福島弓子さんがかつてはTBSのアナウンサーであったことは有名な話ですが、イチロー選手との結婚前に日本ハムの栗山英樹監督と交際していたことを覚えている人は意外と少ないのでは?現在では事業家として大成功を収めている弓子さんの過去を振り返ります。

イチロー現役引退記者会見コメント 弓子夫人への想い(動画あり)

福島弓子が栗山英樹と熱愛関係にあった過去

イチロー選手と弓子さんが結婚したのは1999年のことですが、そこから遡ること5年前の1994年、当時は野球解説者だった栗山監督と弓子さんの熱愛が発覚しました。

栗山監督は1984年から1990年までヤクルトスワローズで活躍したプロ野球選手でしたが、メニエール病の発症や怪我などにより、現役生活は7年で幕を閉じることになりました。

栗山監督は1961年4月生まれ、弓子さんは1965年12月生まれですので、栗山監督のほうが4歳年上になります。イチロー選手が弓子さんの8歳年下ということを考えると意外な感じがします。

栗山監督は精神的にも大人な感じがしますから、いくらイチロー選手の精神年齢が実年齢より上だとしても、すごく年の差を感じそうな気がしますから。

2人の馴れ初めから婚約まで

栗山監督と弓子さんは、栗山監督が現役を引退して解説者やスポーツキャスターとして活動していた時に、スポーツニュースで共演したことがきっかけで交際に発展したそうです。

栗山監督は日本ハムの監督になってからは立場上、選手に対して厳しいコメントを発したりするようになりましたが、キャスター時代は非常に紳士的で優しい語り口調が特徴でした。

どんなに若い選手にインタビューする時でも相手をリスペクトしている姿勢がすごく伝わってきましたし、テレビの視聴者に対しては、素人にもわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれるので、とても好感の持てるキャスターでした。

あんなジェントルマンに接したら、年下の女性がコロッと惹かれてしまうのはすごくよく分かります。そして2人の交際は結婚を前提としたものなり、婚約するまでに至ったそうです。

栗山監督が婚約破棄した背景に有名女子アスリートの影

ただ、ゴールインも目前に思えた2人の交際は、栗山監督からの突然で一方的な婚約破棄によって終わりを迎えることに。

イチロー選手も惚れるほど美人で聡明な弓子さんを、栗山監督はなぜふってしまったのか?そこには、別の女性、しかも超有名な美人女子アスリートの影があったと言われています。

その女性とは、元プロテニスプレーヤーの伊達公子さん。気持ちがすっかり弓子さんから伊達さんに移ってしまった栗山監督は弓子さんに対して、

「99%は弓子のことを考えているが、残り1%は伊達さんを考えている」

と、自分の気持ちを偽ることなく正直に伝えたのだとか。これが本当だとすると、あの紳士的な振る舞いの裏には、栗山監督の別の一面が隠されているような気もします。

イチローと弓子さんの馴れ初め

弓子さんが栗山監督と破局したのが1995年。でも、別れがあれば出会いもあるもの。まさにこの年、弓子さんはイチロー選手と運命の出会いをすることになります。

2人の馴れ初めは、弓子さんがアシスタントを務めていたラジオ番組にイチロー選手が出演したことがきっかけ。ここから友人としてのお付き合いが始まったようです。

最初はイチロー選手のほうが8歳年上の弓子さんのことを気に入ったようで、それ以降、TBSから取材を受ける際にイチロー選手は必ず弓子さんを指名していたそうです。

その後、1997年頃から2人は将来を見据えた本格的な交際を開始し、1999年1月にイチロー選手が弓子さんにプロポーズ。その年のシーズンが終了した12月に、ロサンゼルス郊外のサンタモニカにある教会で挙式しました。

結婚記者会見で2人は相手のことを次のように語っています。

イチロー選手

「相性がいいというのが一番。話すリズムとか価値観とか同じ空間にいるのが心地いい。あと、親を大事にしてくれると思いました」

弓子さん

「自然な2人の空間が心地いいですね。信頼感がある人だなと思いました」

弓子さんは事業家として大成功

イチロー選手からプロポーズされた直後の1999年3月、プロ野球選手の妻として夫を支えるために、弓子さんは丸10年勤めたTBSを退社します。

その後は芸能活動は一切控え、テレビでの露出もなくなった弓子さん。でも、イチロー選手がメジャーに移籍してシアトルに住むようになってからは、弓子さんは自分の自由な時間があり余っていたようです。2人には子供もおらず、メジャーの選手は一年の半分ほどは遠征のために家を留守にしてしまいますからね。

そこで2005年、イチロー選手と弓子さんは、2人の資産管理会社として「IYI Corporation」を設立します。「IYI」とは、イチロー選手と弓子さんと、愛犬の一弓(いっきゅう)の頭文字をとったものです。

その会社の実質的な経営を任された弓子さんは、シアトル郊外に立て続けに2軒の大豪邸を購入します。価格はそれぞれ12億円と7億5千万円(推定)。

既に住んでいる家とは別に2軒の家を購入したので、これらは当然ながら自分たちの住居用ではなく投資用不動産として。ここから弓子さんは次々と投資用物件を購入し不動産ビジネスを展開。

さらに弓子さんの実業家としての才能は不動産業だけにとどまらず、セレブを対象とした高級美容サロンをシアトルで開始。これがまたヒットして、地元の富裕層を中心に流行っているのだとか。弓子さんの敏腕によって、IYIの資産は200億円超ともいわれるほどに。

栗山監督から婚約を破棄された時は相当なショックを受けたといわれる弓子さんですが、それによってイチロー選手と出会い、実業家としても成功を収めることになったので、人生は本当に何が起こるか分からないものです。

【関連記事】
バレンティンのイチロー襲撃計画とは?田尾安志もイチローに怒り
イチローの愛車遍歴 最新画像つき
WBCと東京五輪の侍ジャパン最強メンバーを落合 槙原 佐々木が予想
歴代プロ野球選手の生涯年俸ランキング 日本人メジャーが独占
2019プロ野球選手 年俸ランキングTOP101人(最新)前年比あり