広島から巨人へFA移籍した丸佳浩選手ですが、その推定年俸にはいまだに色んな憶測が飛び交っています。移籍1年目の年俸だけは報道されていますが、2年目以降どうなるのかは皆無。「で、結局のところどうなのよ?」と、ふと疑問に思ったので自分なりに調べてみました。(金額はいずれも推定)

まずは2018年秋にFA宣言してからの、古巣の広島を含めた3球団による大争奪戦のおさらいから。

3球団からのオファー比較

丸選手がFA宣言すると、宣言残留を希望する広島、ロッテ、巨人の3球団が手を挙げて、過去まれに見る大型契約のオファーが飛び交いました。

  • 広島:4年総額17億円
  • ロッテ:6年総額30億円
  • 巨人:5年総額35億円

3つのオファーを比較すると、年数ではロッテ、平均年俸でいえば巨人に軍配で、いずれにしても広島は分が悪く、丸選手の広島愛に頼るしかない状況でしたね。

金額以外の面では、ロッテが監督手形を付けるとか、巨人は家族の生活環境にも最大限配慮するといったオファー内容も報道されていましたが、最終的には巨人で落ち着きました。

FA移籍で勝ち取った巨人との大型契約

5年総額35億円とも言われていた巨人から丸選手への大型契約オファーですが、報道を見る限りでは、最終的に5年総額25億5000万円で決着したようです。ただ、これも山口俊選手の前例があるだけに、どこまでが本当のことやら…

あと、5年総額35億円だと単年ベースが7億円になってしまい、巨人生え抜きの坂本勇人選手や菅野智之選手を超えてしまうということは前々から指摘されていましたので、その点には配慮があったものと思われます。山口俊選手が巨人にFA移籍した時も、当時の菅野選手の年俸2億8000万円が意識されたと言われていますしね。

平均すると単年ベースは5億1000万円ですが、5年契約のうち1年目の年俸だけは4億5000万円と報じられています。すると2年目以降はどうなるのでしょう?過去に同じく巨人に大型FA移籍した杉内俊哉選手の例が参考になるかもしれません。

杉内俊哉選手が巨人にFA移籍した時の大型契約

2018年限りで現役を引退した杉内選手は、2011年オフにソフトバンクからFA宣言し、巨人と4年総額20億円という大型契約を結びました。単年ベースでは5億円になりますが、1年目の2012年の年俸は3億5000万円といわれています。

2011 ソフトバンク 3億5000万円
2012 巨人 3億5000万円
2013 巨人 5億円
2014 巨人 5億円
2015 巨人 5億円
2016 巨人 5000万円
2017 巨人 5000万円
2018 巨人  2500万円

これは、FA規約によって次のように定められているからですね。

  • FA宣言した選手の翌年の年俸は現状維持が上限(減額は無制限)
  • ただし、「特別な事情」をコミッショナーに文書で申請し、コミッショナーがこれを認めた場合は、上限を超える金額での契約も可
  • 契約年数や出来高払い、2年目以降の年俸の制約は無し

ただ、丸選手の場合は移籍1年目の年俸が4億5000万円だとしても、すでに2018年の広島時代の年俸を上回っていますので、いずれにしても「特別な事情」が申請されたのでしょう。

丸佳浩の巨人2年目以降の年俸推移(予想)

2年目以降の年俸は自由に決められますので、杉内選手の2年目以降が毎年同額の5億円だったことから考えても、丸選手の2020年以降の年俸は、残りの4年・21億円を単純平均した以下のような金額で推移していくのではないかなと予想します。

2018 広島 2億1000万円
2019 巨人 4億5000万円
2020 巨人 5億2500万円
2021 巨人 5億2500万円
2022 巨人 5億2500万円
2023 巨人  5億2500万円

ただ、これはあくまでも下限であって、あれだけの争奪戦を制した程ですから、期待以上に活躍した場合の増額(インセンティブ)はあるんじゃないですかね。

巨人独特のプレッシャーに負けず、同い年の菅野選手や、1コ上の坂本選手と年俸の面でも競い合ってくれることを期待してます。