当サイト「プロ野球選手の豆知識・裏話」の編集長です。

僕が野球に興味を持ったのは小学校1年生の時。父親からグローブを買ってもらったのが嬉しくて、毎日学校が終わると、友達を集めては校庭や近所の広場で野球ばかりしていました。埼玉出身の僕は、地元の西武ライオンズが最初に好きになったプロ野球チームで、初めて買ってもらった野球帽もライオンズでした。

少年野球時代:三浦貴くんに野球を教える

小学校3年生になると近所の少年野球チームに入部。サッカーとどっちをやろうか迷っていたこともあり、同級生よりは1ヶ月ほど遅い入部となってしまったのですが、体験練習の初日にコーチから「君、うまいね」と褒められたことに調子にのってしまい、それから高校3年まで野球漬けの日々を過ごすことになります。

当時は巨人戦のプロ野球中継が毎日放送されていましたので、父親の影響もあり、この頃から大の巨人ファンになりました。僕は右投げ右打ちでしたが、篠塚和典(当時の名前は改名前の篠塚利夫)選手の三遊間を抜ける芸術的な流し打ちに特に憧れていました。

僕が上級生になった時、同じ少年野球チームの新入部員として、将来、巨人にドラフト3位で指名されることになる三浦貴くんが入部してきました。投げ方や打ち方など野球の基礎から僕が教えてあげたことは、今でも自慢話です。

中学生時代:平尾博司くんの東浦和中学と対戦

中学生の時は、同じ地区の東浦和中学校に平尾博司くん(大宮東高校で甲子園に出場し、その後ドラフト2位で阪神タイガースに入団。阪神〜西武で活躍)がいて、練習試合で対戦しました。平尾くんは当時はピッチャーで、その頃から怪物のような豪速球を投げていましたが、僕はその試合の最終打席で、初めからストレート1本にヤマを張ってフルスイングしたら、見事にセンターオーバーのランニングホームランを打ちました。これも僕の自慢話です。

高校時代1:平尾博司くんの大宮東高校と対戦

高校では甲子園を目指して3年間、勉強そっちのけで汗を流しました。僕は高校2年の夏からベンチ入りさせてもらえましたが、僕の高校は毎年くじ運が悪くていつも初戦で強豪校と当たってしまうという不運もあり、甲子園まではあと5歩か6歩ほど届きませんでした。

ただ、高校時代の自慢話も2つあります。1つは高校の時も練習試合で平尾博司くんのいる大宮東高校と対戦したこと。僕はセンターを守っていたのですが、平尾くんがセンター前ヒットを打った時、あまりの打球の速さにびっくりしてしまい前に出て捕球することができず、定位置で待ってボールを捕ったら、俊足の平尾くんに危うく2塁まで行かれてしまうところでした。

高校時代2:上原浩治選手の東海大仰星高校と対戦

もう1つの自慢話は、高校3年の春休みに大阪遠征に行った時、上原浩治選手が在籍していた東海大仰星高校と練習試合をしたこと。ただ当時は上原選手はまだ無名な存在であったため(僕が言うのも大変おこがましいのですが…)、その試合に出ていたのかも定かではなく、かつ当時は外野手だったらしいので、ピッチャーとしての上原選手と対戦はしていないだろうと思います。

その時の感想としては、東海大仰星高校の選手たちはみんな揃いも揃って体格が異様に大きくて、「同じ高校生なのに、何を食べたらこんなに大きくなるんだ?」と強く思ったことを今でも覚えています。

大学時代(早慶戦):高木大成さん、高橋由伸さんを神宮球場で応援

大学では、神宮球場でプレーすることにも憧れはしましたが、甲子園に出場経験のある猛者たちが集っているような体育会の野球部に入るほどの気概はなく、軟式野球サークルで趣味程度に楽しむ傍ら、当時、同じ大学の野球部にスーパースターの高木大成さんや高橋由伸さん(2人は神奈川・桐蔭学園の先輩後輩)がいたので、毎年、春と秋には神宮球場に早慶戦を観に行って応援していました。

僕は今では2児の父親となりましたが、長男が野球に興味を持ち始めてプロ野球を一緒に観に行くという楽しみにが増えました。小学3年生からは地元の少年野球チームにも入部して頑張っています。

そこで、元来の野球好きも後押しして、30年以上にわたって蓄積してきた僕のプロ野球の知識を少しでもユーザーの皆さまのお役に立てればと思い、当サイトを立ち上げることにしました。

「よくそんな細かいこと知ってるね」とか「マニアだね〜」なんて言っていただけると、筋金入りのプロ野球ファンとしては望外の喜びです。