もはや広島カープの顔的な存在になった鈴木誠也選手。これまでの年俸推移と気になる国内FA、海外FA権の取得時期を調べました。早くもネット上で騒がれている、丸選手のような巨人へのFA移籍はあるのでしょうか?

鈴木誠也の年俸推移

球団 推定年俸
2013年 広島 600万円
2014年 広島 650万円
2015年 広島 900万円
2016年 広島 1700万円
2017年 広島 6000万円
2018年 広島 9000万円
2019年 広島 1億6000万円

鈴木選手は入団してから今まで、一度もダウンすることなく順調に年俸を伸ばしています。思うに、鈴木誠也選手の一番のすごいところは、毎シーズン一定水準以上の成績を残している安定感じゃないかなと。

緒方監督をして「神ってる」と言わしめた2016年にレギュラーに定着して以降、打率は3割以上をキープ、本塁打は25本以上、打点は90点以上を3年続けて残しています。

一軍定着以降の成績推移

試合 打率 本塁打 打点
2015 97 .275 5 25
2016 129 .335 29 95
2017 115 .300 26 90
2018 124 .320 30 94

国内FAと海外FAを取得するのはいつ?

2018年シーズン終了時点で鈴木選手の出場選手登録日数は4年と109日なので、国内と海外のFA権取得時期はそれぞれ次のようになります。

  • 国内FA権利:2022年(必要な残り出場選手登録日数:3年と36日)
  • 海外FA権:2023年(必要な残り出場選手登録日数:4年と36日)

(参考)日本のプロ野球のFA権取得のルール

鈴木誠也は巨人へ移籍したい?

鈴木選手は東京出身ということもあり、子供の頃から巨人ファンということは周知の事実。というのも、鈴木選手の父・宗人さんが生粋の巨人ファンで、その影響を受けて鈴木選手も小学2年生から野球を始めたほどですから。

出演した「ジャンクsports プロ野球一斉調査SP」で、

「かっこいいと思うユニフォームはどこでしたっけ?」

と聞かれた時も全く隠そうともせず、

「巨人です」

と言い切っていましたし。2018年のオールスターに出場した時には、巨人の小林誠司選手から帽子を借りて被っているこんな場面も。

プロ野球選手が子供時代は他球団のファンだったというのはよくある話なので、それだけであれば全く問題ではないですが、2018年オフの丸選手の巨人へのFA移籍は、鈴木選手にも大きな影響を与えたと思うんですよね。

  • 5年総額25億5000万円のような大型契約の現実化
  • 出身地(実家)の近くに戻れる
  • 子育てなど、家族への住環境の球団からの最大限の配慮
  • 現役引退時の所属球団が巨人かそれ以外かで、引退後の仕事のオファーに格段の差

巨人に移籍すると、他球団では得られないメリットが山ほどあります。2018年限りで現役を引退した新井貴浩さんのように、広島出身の選手ですらFA権を取得すると、高額年俸や複数年の大型契約を優先してカープから離れてしまうわけですから、丸選手や鈴木選手のように関東出身の選手は尚更でしょう。

鈴木選手は今のところメジャー志向もないみたいですし、右打者の野手でメジャーである程度の成績を残したのは井口資仁・ロッテ監督くらいしかいないくらい、右打者の日本人野手がメジャーで成功するのは難しいことを考えると、鈴木選手はおそらく生涯NPBではないかなと思います。英語も苦手そうですし。。

となると、2022年に鈴木選手が国内FA権を取得して、複数球団による鈴木誠也争奪戦が繰り広げた結果、巨人が獲得するというストーリーが最も可能性が高そうです。