2018年オフの契約更改の席で、将来のポスティングシステムによるメジャー移籍の希望を伝えた筒香嘉智選手。これまでの年俸の推移を表にまとめました。海外FA権の取得まではやっぱり待てないのでしょうか?また、同じタイプの強打者・松井秀喜さんの巨人時代の成績と比較することで、筒香選手のメジャーからの評価を検証します。

筒香嘉智の年俸推移

球団 推定年俸
2010年 横浜 800万円
2011年 横浜 900万円
2012年 横浜DeNA 1300万円
2013年 横浜DeNA 1950万円
2014年 横浜DeNA 1600万円
2015年 横浜DeNA 4600万円
2016年 横浜DeNA 1億円
2017年 横浜DeNA 3億円
2018年 横浜DeNA 3億5000万円
2019年 横浜DeNA  4億円

筒香選手は2009年にドラフト1位で横浜ベイスターズ(当時)に入団しましたが、最初の4年間はなかなか芽が出ず、花開いたのは5年目の2014年。打率を初めて3割に乗せ(.300:リーグ12位)、22本塁打、77打点を記録しました。その活躍により翌年の年俸は4600万円にアップ。

その後2年間はさらに成績を伸ばし、

  • 2015年:打率.317、24本塁打、93打点
  • 2016年:打率.322、44本塁打、110打点

と、2016年は打撃3部門全てにおいてキャリアハイとなりました(2016年の成績は、2018年終了時点でも筒香選手のキャリアハイ)。2017年の年俸は一気に3億円まで跳ね上がります。その後は、

  • 2017年:打率.284、28本塁打、94打点
  • 2018年:打率.295、38本塁打、89打点

と、打率こそ3割に届かなかったものの安定した成績を残し、2019年の年俸は4億円に。日本のプロ野球の年俸ランキングTOP10入りも果たしました。

2019プロ野球選手 年俸ランキングTOP101人(最新)

筒香の海外FA権の取得はいつ?

2018年シーズンの終了時点で筒香選手の出場選手登録日数(=一軍登録日数)は6年と100日ですので、国内FA権の取得まではあと1年と45日、海外FA権の取得まではあと2年と45日の出場選手登録日数が必要になります。

(参考)日本のプロ野球のFA権取得のルール

つまり、怪我もなく順調にいけば、国内FA権の取得は2020年シーズン中、海外FA権の取得は2021年シーズン中。なので、FA権を行使してメジャーに挑戦するとなると、最短で2022年シーズンからになります。

その時、筒香選手はもう31歳シーズン。メジャーでは26〜30歳が選手としての全盛期(プライムタイム)と見做されていますので、31歳での挑戦となると打者としてはやや厳しいかもしれません。筒香選手がポスティングシステムでの移籍を希望するのも気持ちは分かります。

筒香嘉智と松井秀喜の類似点

筒香選手と同じタイプのスラッガーであり、筒香選手が憧れの存在と語る松井秀喜さんの巨人時代の成績と、筒香選手の成績を横並びで比較してみることで、筒香選手がメジャーからどの程度の評価を受けるのか、ある程度は推定できそうですからね。

実際、横浜DeNAで4年間、監督と選手という間柄だった中畑清さんは、筒香選手を初めて見た時、

「俺は巨人のコーチ時代に松井秀喜を指導していたが、似たものを持っている」

と言っていましたし、2人のバッティングの特徴を見ても、

  • ギリギリまでボールを引きつけて、体の正面にミートポイントを置き、そこから左手でボールを押し込む
  • 左方向にもホームランが打てる

などの類似点が多いので、2人の成績を比較する価値はあると思います。

松井秀喜の巨人時代の成績と比較

筒香 松井
1年目 試3, .143, 1本, 1点 試57, .223, 11本, 27点
2年目 試40, .241, 8本, 22点 試130, .294, 20本, 66点
3年目 試108, .218, 10本, 45点 試131, .283, 22本, 80点
4年目 試23, .216, 1本, 3点 試130, .314, 38本, 99点
5年目 試114, .300, 22本, 77点 試135, .298, 37本, 103点
6年目 試138, .317, 24本, 93点 試135, .292, 34本, 100点
7年目 試133, .322, 44本, 110点 試135, .304, 42本, 95点
8年目 試139, .284, 28本, 94点 試135, .316, 42本, 108点
9年目 試139, .295, 38本, 89点 試140, .333, 36本, 104点
10年目 (2019年) 試140, .334, 50本, 107点
通算 試837, .287, 176本, 534点 試1268, .304, 332本, 889点

筒香のメジャーからの評価は?

松井秀喜さんが2年目からレギュラーに定着したのに対して、筒香選手のレギュラー定着は実質的に5年目からという点と、松井さんの実績のほうが1年多いという違いもあり、2人の成績にはだいぶ開きがあります。直近3シーズンだけを見ても、松井さんのほうが打率、本塁打、打点と全てにおいて上回っています。

その松井さんですら、メジャー移籍1年目はメジャーのピッチャー特有の動くボールに苦しみ、あまりにも内野ゴロが多かったため、ヤンキースのキャッシュマンGM(当時)からは「ゴロキング」と揶揄されたほどでした。

その松井さんがFA権を行使してメジャーに移籍した2002年、ヤンキースと締結した契約が3年総額2100万ドル。1ドル100円で換算すると平均年俸は7億円でした。

NPBでの成績だけを比較すると、筒香選手の評価はメジャー移籍当時の松井さんよりも低くなってしまうのではないかと思われます。筒香選手がポスティングでメジャー移籍を勝ち取ったとしても、単年平均で4〜6億円くらいが相場なのではないかと。

あとはどこまで夢と可能性に懸けるか。でもメジャーへの挑戦というのは、お金よりもそこが一番なんでしょうね、きっと。結婚してお子さんも生まれた筒香選手。まずは2019年シーズンでのキャリアハイを期待します。

【関連記事】
筒香嘉智 妻との馴れ初め フライデーされた女性は誰?
筒香嘉智の双子の姉の画像が超美人!兄は教師!筒香が語る兄弟秘話