2018年のヤクルトはシーズン終盤に巻き返して前年の最下位から2位に躍進。2019年は特に大きな戦力補強はなかったものの、侍ジャパン最年少デビューを果たした村上宗隆の大化けなど期待ポイントは十分。予想スタメン順に応援歌を紹介します(歌詞・動画つき)。

1番ファースト・坂口智隆

不屈の魂で 再び挑(いど)み
新たな歴史を刻(きざ)め 魅せろ坂口

2番センター・青木宣親

(ファンファーレ:ここで勝利を呼べ 行くぞ青木宣親 「青木!」)
皆と共に 描いた未来を掴(つか)むため
愛すチームで さらなる伝説 築(きず)け

青木宣親が鈴木誠也と田中広輔をWBC後に食事に何度も誘ってるのに…怒

3番セカンド・山田哲人

(前奏:「山田哲人!」「山田哲人!」夢へと続く道「山田!」)
スタンド 越えて打球は遥(はる)かな夢へと続く
行け山田 新たな時代を

山田哲人の年俸推移 FA権はいつ?メジャーか国内なら巨人か?

4番レフト・バレンティン

勝利の女神が微笑(ほほえ)む スタンド揺るがす一振り
アーチを描け Go! バレンティン

プロ野球選手のサインやボールのもらい方(バレンティン編)

5番ライト・雄平

我らの想い背に受け 貫けフルスイング
君の努力の結晶(けっしょう)いま咲(さ)き誇(ほこ)れ

6番サード・村上宗隆

(メロディ:闘志(とうし)あふれる一打 今こそ放てよ「村上!村上!村上!村上!」)
選ばれし猛者(もさ)集(つど)う地で 強く咲く大輪(たいりん)
肥後(ひご)より携(たずさ)えし力 今こそ解(と)き放(はな)て

WBCと東京五輪の侍ジャパン最強メンバーを落合 槙原 佐々木が予想

7番ショート・西浦直亨

道を切り開くため 迷わず立ち向かう
光り輝く未来目指し 今踏み出せ

8番キャッチャー・中村悠平

君が受けるその球に 込められし思い
皆が夢見続けてきた 歓喜(かんき)の時さ

ジョブチューンプロ野球2019愛車金額ランキング
ジョブチューンプロ野球2019出演者と腕時計ランキング

9番ピッチャー・小川泰弘

(コール「ゴーゴーレッツゴー小川!」)
闘志(とうし)燃やして攻めろよ 投打に輝き放(はな)て
勝利をその手で掴(つか)み取れ

(※)ピッチャーの応援歌は全員共通

捕手・井野卓

磨(みが)き上げた技と その熱いハートで
我らを導(みちび)けいざ 勝利の道へと

捕手・西田明央

君の力が希望もたらす
勝利へ向かって放て明央(あきひさ)

内野手・川端慎吾

バットに夢をのせ 放つその打球で
ツバメを勝利へ 導け慎吾

内野手・川端慎吾(チャンス川端)

(メロディー)オーオオオー (メロディー)慎吾!×3
(メロディー)オイ! (間奏:オイ!×16)

内野手・大引啓次

この舞台で 光放つ いま
勝負を決める気迫(きはく)の一撃

内野手・畠山和洋

魅せろプライド とびら蹴破(けやぶ)れさらなる光へ向かって
胸に秘めたその思いを 空に放て

内野手・藤井亮太

数々の試練を 忍(しの)ぶる心が
輝きへと我ら導く 礎(いしずえ)となれ

内野手・奥村展征

見せろ勝利へと誘う 熱いプレー
放て気持ち込めて 恵まれしセンスで

内野手・荒木貴裕

君の熱い思いと スタンドの期待を乗せた
打球が描(えが)く軌道(きどう)は 夢への懸(か)け橋

内野手・廣岡大志

大空へと願い込めて その翼広げ
蒼(あお)き丘に立つ勇姿(ゆうし)よ 大志抱け

内野手・三輪正義

勝利と言う名の 正義のために
異次元のスピードで 今だフィールド駆けろ

外野手・上田剛史

期待背負い今 シャープに放てよ上田
風を切り走れ 歓喜(かんき)の輪の中へ

外野手・山崎晃大朗

光求め駆け抜ける その誇り胸に
頂(いただき)を目指し進めよ 山崎晃大朗

ヤクルト応援歌メドレー2019