横浜DeNAの山崎康晃選手と広島カープの鈴木誠也選手は地元が同じ東京都荒川区。年齢も2つ違いで子供の頃からお互いのことを知っていたそうなので、2人の出身中学校や小学校を調べてみたところ全て判明しました。そして意外な事実も。「チンピラ」はどっち?

山崎康晃と鈴木誠也の出身中学校と小学校はどこ?

結論から言いますと、2人は同じ東京都荒川区で育ったのですが、出身小学校と中学校は同じではありませんでした。実家の最寄り駅は、山崎選手が京成線の「新三河島」、鈴木選手が1つ隣の「町屋」です。

山崎康晃の学歴と所属チーム

こちらが山崎選手の小学校からプロ入りするまでの学歴と、カッコ内は所属していた野球チームです。

  • 荒川区立第六日暮里小学校(西日暮里グライティーズ)
    yamasaki-yasuaki-elementary-school
  • 荒川区立尾久八幡中学校(軟式野球部)
  • 帝京高校(硬式野球部)2年夏と3年春に甲子園出場
  • 亜細亜大学(硬式野球部)

ちなみに、山崎選手が帝京高校に進学した理由は、これまた同じ地元からプロ野球選手になった森本稀哲さんの影響が大きいそうです。

山崎選手と稀哲さんは年齢がちょうど1回り違いますが、親同士が仲が良かったため昔から知り合いで、稀哲さんが野球をやっていたから山崎選手も小学校2年生から野球を始めたとのこと。

山崎選手にとってはそれほど大きな存在の稀哲さんが現役引退を表明した時、山崎選手は寂しそうにツイートしていました。

鈴木誠也の学歴と所属チーム

こちらが鈴木選手の小学校からプロ入りするまでの学歴と、カッコ内は所属していた野球チームです。

  • 荒川区立第五峡田(はけた)小学校(荒川リトル)
    suzuki-seiya-elementary-school
  • 荒川区立第九中学校(荒川シニア)
  • 二松学舎大付属高校(硬式野球部)甲子園出場は無し

ちなみにリトルリーグでは小学生から硬球を使用します。一般的には、山崎選手のように軟球を使う学童軟式野球チームに所属する子供が多いですが、高校かもしくはそれ以上まで野球を続けていくという強い意志を初めから持っているような場合は、小学生のうちからリトルリーグに入って硬球に慣れておくという子供も多いです。

「巨人の星」親子・鈴木誠也の実家の喫茶店がアド街ック天国に!場所は?

ジャンクスポーツでの山崎康晃と鈴木誠也の会話

ただ、学校やチームは違えど、2人とも地元では野球のスーパー少年で、学年も2つしか違わなかったこともあり、お互いに名前は当時から知っていたとのこと。

その当時のことを、2人が揃って出演した「ジャンクsports プロ野球一斉調査SP」で次のように語っていました。

「プロ野球界の天才といえば?」というお題に対して、山崎選手の答えは「鈴木誠也」。「それはどうして?」と聞かれると、

山崎

「実はあのぉ、地元が一緒なんですよ。僕が育った荒川区っていう所で、一緒に育って。地元でも話題の天才野球少年でした」

ダウンタウン浜ちゃん

(鈴木選手に対して)「あんな風に言われてますよ」

鈴木

「いやいや、全然そんなことないっす。山崎さんのほうが。(僕が)中学校1年生の時に3年生だったんですけど、足もメチャメチャ速くて、カッコよくて、だいぶスリムで…」

山崎選手が苦笑。

浜ちゃん

「お前それ、だいぶイジってるやん。今スリムじゃないみたいな言い方…。(山崎選手のほうを指差して)かわいらしい顔してねぇ」

鈴木

「スゴい優しいですね」

浜ちゃん

「あっそうですか」

山崎

(満面の笑顔で)「どうも」

このやり取りにスタジオは大爆笑でした。

でも鈴木選手は本当に天才野球少年だったようで、そのスゴさは小学生時代から地元だけにとどまらず、噂を聞きつけた全国各地の強豪チームから練習試合の申し込みが後を絶たなかったのだとか。

リトルリーグの場合、ピッチャーがホームまで投げる距離は14.02mなので、高校生や大人の18.44mよりも4mほど短いのですが、鈴木選手は当時から、今の鉄砲肩を彷彿させる強肩ぶりだったので、「体感速度では150kmくらい出ているんじゃないか」と評判になるほどだったそうです。

2人の対戦成績

山崎選手がプロ入りした2015年以降の2人の対戦成績を見てみると、

  • 2015年:6打数0安打 打率.000
  • 2016年:18打数12安打 打率.667
  • 2017年:12打数6安打 打率.500
  • 2018年:2打数1安打 打率.500

と、1年目こそ山崎選手が完璧に抑えましたが、2年目からは鈴木選手に軍配が上がっています。打数が少ないとはいえ、毎シーズン5割以上の打率はスゴい相性の良さですね。

正月に地元で2人がバッタリ遭遇「チンピラに絡まれたかと…」

地元が同じ2人は、2019年のお正月に実家の近くでバッタリと遭遇したそうです。まさかの偶然に2人とも驚いたようで、鈴木選手は自身のブログで次のように報告しています。

恒例の親戚達との食事会も楽しく終わり帰ろうと駐車場に行くと、なんと何と大スターにばったり笑笑

地元の大先輩で地元のヒーロー・横浜ベイスターズのヤスさんこと山崎康晃選手でした笑笑

隠れようとしましたが、後で学校の裏に呼び出されると怖いので新年のご挨拶させていただきました笑笑

新年早々スターに会ったので今年はなんかいけそう笑笑

「隠れようとしましたが」は若干本音が入っているような気がします。でも、隠れようとしたけど、もう気づかれそうで隠れるのが間に合わなかったというのが本当のところじゃないかな。

でも2学年上の先輩でチームも違うのに、地元が同じということで仲の良いフランクな感じが伝わってきます。

一方の山崎選手も公式ツイッターで面白く呟いています。

ハッシュタグの部分、気がつきましたか?

「#チンピラに絡まれたと思った」

ということで、ガラの悪いチンピラに見えたのは、鈴木誠也選手でした。でも、2人とも優しそうな笑顔でとても好感が持てます。ファンが多いのも頷けます。

ちなみに、この日は鈴木選手は親戚との食事会だったようですが、山崎選手は森本稀哲さんと食事をしていたそうですよ。


それにしても、東京都荒川区はなんでこんなにプロ野球選手を排出しているのか、謎すぎます…

【関連記事】
山崎康晃が帝京入学時に母親ベリアさんに送った涙の手紙の全文