柳田悠岐選手が以前、生放送の番組にテレビ出演した際に、思わず放送禁止用語を発言して、ちょっとした放送事故になったことがありました。果たして何と言ったのでしょうか?

柳田悠岐の放送禁止発言とは?

放送事故が起こったのは2015年12月17日での生放送でのこと。福岡ソフトバンクの地元のローカル局で放送された「ホークスアワード2015・熱男&好珍プレー大賞SP」での一幕。

この番組に出演していたのは、キャプテンの内川聖一選手をはじめ、武田翔太選手、今宮健太選手、本多雄一選手、中村晃選手といったソフトバンクの中心選手たち。

当時27歳で、自身初のトリプルスリーを達成した柳田選手は、珍プレー大賞の発表という重役を任されました。大賞を受賞したのは本多雄一選手で、その発表は無事に終えた柳田選手。

しかし、その大賞を受賞した本多選手の珍プレーというのが、本多選手の自打球が地面でワンバウンドして股間に直撃してしまったというものだったんですね。

で、このプレーのVTRで終わらせておけばよかったのに、余計なことにMCの男性アナウンサーがVTRの後に柳田選手に禁断のフリをしてしまったんですよ。「これはですね…柳田さん、どの辺り…?」と。

すると柳田選手は即答で、

「まぁやっぱり、キ○タマですよね」

と、天然キャラの本領発揮で、何の迷いもなく放送禁止用語を発してしまったのでした。生放送でモロに言ってしまい、他の選手たちは大爆笑。そして当のアナウンサーは慌てて「股間に当たったやつですね」と即訂正し、ソフトバンクのマスコット・ハリーホークが柳田選手の口を手で塞いだものの、全てはあとの祭りでした…

柳田選手の放送禁止発言はジャンクsportsでもイジられた

この柳田選手の発言には後日談があります。2019年1月6日に放送された「ジャンクSPORTS プロ野球一斉調査SP」でもイジられ、さすがに問題発言の箇所は音で消されていましたが、過去の悪夢が再び、しかも全国ネットで晒されてしまったのでした。

その時のやり取りがこちら。

ココリコ遠藤「ギータ選手が、地元の生放送の番組で、股間にまつわる名称を生放送で言っちゃって、えらい怒られたみたいな…」

柳田「はいはいはい、ありました」(何も隠そうとせず堂々と)「なんか、ホント、そういう珍(チン)プレー好プレーみたいな(番組で)

ダウンタウン浜ちゃん「あっ、ビックリした!もう言うたと思った!」

(そして当時のVTRが流れて…)

浜ちゃん「言っちゃいましたね、あなた。バーンと!」

柳田「いや、だってねぇ、普通に、キ○タマって言うじゃないですか」

浜ちゃん「言います、言いますよ」

柳田「みんな言うじゃないですか」

浜ちゃん「言います、言います。みんなちょっと過剰にね…」

柳田「そう、そうなんです!みんなが過剰すぎるんですよ!実際みんな、キ○タマって思ってるんですよ」

浜ちゃん「何回言うねん!!」

ココリコ遠藤「また言うたで〜」

浜ちゃん「これはなに、怒られた?」

柳田「めっちゃ怒られました。『ちゃんと股間って言いなさい』って…」

テレビを見た人は分かると思いますが、この時も全く反省した様子がなかった柳田選手。憎めないほどの天然キャラで、またやらかしちゃうことがありそうな予感です。

【関連記事】
堂林翔太の妻・枡田絵理奈が下ネタ!夫に見せたことない姿とは?
柳田悠岐が似てるともっぱら評判の芸能人2人とは?
柳田悠岐が大学時代に通い詰めた広島のお好み焼き屋「Q」
今宮健太と柳田悠岐の高校時代のお宝動画 身長171cmでMAX154km!
柳田悠岐の年俸推移 海外FA権取得はいつ?メジャー評価は?